スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<不正経理>公的研究費1650万円 愛知県がんセンター (毎日新聞)

 愛知県病院事業庁は29日、県がんセンターの中央病院と研究所の職員らが03~07年度に80回にわたり、国から交付された公的研究費1650万円分を不正に経理処理していたと発表した。OB10人を含む関与した24人が国に全額返納する。同庁は、不正総額が100万円を超えた2人を懲戒処分の対象とし、同日付で研究所長(62)を減給1カ月(10%)、中央病院の男性医師(54)を戒告とした。他の現役職員12人は訓戒などとし、二村雄次・病院事業庁長も管理責任を取って給与の10%を自主返納する。

 公的研究費は、国に提案のあった研究に対し、文部科学省と厚生労働省が交付する。同センターには毎年約3億円が交付されるが、08年11月に職員による研究費約1000万円の不正処理が発覚したため、03~07年度の研究費を調査するよう国から求められていた。

 病院事業庁が設けた第三者機関の調査で、▽年度末に残った研究費を使い切ったように架空計上する「預け」が18件765万6453円▽実際とは異なる物品を買ったように装う「差し替え」が44件759万3865円--などの不正が見つかった。同庁は、「公的研究費は研究者個人やグループに直接振り込まれ、チェック体制が未整備だった。私的流用はなく、研究課題に沿って使われた」と説明している。【丸山進】

北教組献金 小林議員辞めないワケは 居座り、トップと足並み? (産経新聞)
<政党機関紙配布>元社保庁職員に逆転無罪 東京高裁判決(毎日新聞)
<偽1万円札>1都6県で151枚使った疑い 3人を逮捕 (毎日新聞)
日医会長選、3候補が岡山で政策演説会(医療介護CBニュース)
<英国大使館別荘>栃木県へ譲渡 アーネスト・サトウが建設(毎日新聞)
スポンサーサイト

姫路爆発事故 「死ぬかと思った」 突然崩落/作業員下敷き(産経新聞)

 「ドン」。埋め立て地に爆発音が響いた。兵庫県姫路市網干区の「エコパークあぼし」で起きた爆発事故。施設の天井や外壁がすさまじい音とともに崩れ落ち、多くの作業員が下敷きになった。「死ぬかと思った」。現場に居合わせた作業員は恐怖の瞬間を振り返った。

 爆発の衝撃で茶色い鉄骨が3本ほどむき出しになり、1階南側の外壁が崩れ落ちて穴が開いた状態。建材の鉄骨もぐにゃりと折れ曲がり、周辺には外壁に使われていたコンクリート片などの建材が飛び散った。

 「突然、天井や壁が落ちてきて下敷きになった。自力で脱出したが、ほこりが充満し何も見えなくなった。もう一度爆発が起これば死んでいたかもしれない」。事故が起きた施設の1階で空調設備の設置作業をしていた男性(51)は表情をこわばらせた。

 エコパークは広大な敷地内に、ごみ処理施設のほか、緑地帯や再資源化施設、事故のあった健康増進センターなど多くの施設が含まれている。

 別の男性作業員(56)は「爆発直後に建物が大きく揺れた。直前にシンナー臭がしていた」と証言した。

 現場は消防や警察、姫路市職員らが慌ただしく出入りし、騒然となった。施設内部を視察した市職員は「屋根も落ち、床のセメントがぐちゃぐちゃになっていた」と神妙な顔つきで語った。

墓はどこへ(上) 「改葬」と廃れる墓地(産経新聞)
道路凍結、標識に衝突し北大生ら2人死亡(読売新聞)
「いいものある」と中学生に大麻=35歳男を逮捕-神奈川県警(時事通信)
報酬百万円…中国「即日偽装婚」ツアーの手口(読売新聞)
無人偵察機 実物大模型を日本初公開 東京・大田の展示場(毎日新聞)

雑記帳 元牛舎を全面改造のカフェオープン 静岡・三島(毎日新聞)

 静岡県三島市川原ケ谷の農業地帯に22日、元牛舎を全面改造した「三島農村カフェ」がオープンした。名前はカフェだが、実際は近くの休耕地でそばなどを作るNPO法人が交流や憩いの場に活用するのが目的の古民家風の建物だ。

 広さは100平方メートルで、和室が1部屋。竹窓や掘りごたつはあるが、大半が土間。コーヒーはもちろん、飲食物は一切出ない。今春からNPOの支援で学生らが援農して現場で学ぶ拠点ともなる。

 NPOや地元農家ら100人で落成を祝い、打ち立てのそばを味わった。都会のカフェとひと味違った触れ合いを求める学生で活気づくか?【安味伸一】

【関連ニュース】
鳩山首相:子育て父母が意見 「リアル鳩カフェ」で対話
ペンギンの問題:ポッカの子ども向けの缶コーヒー風飲料「キッズカフェ」に登場
いらっしゃい:喫茶 メモアール /山梨
自家農園の果物でおいしいカフェ運営・安斎明子さん /福島
旅のカフェ /滋賀

六代目円楽さんが32年ぶりの寄席=東京・末広亭で襲名披露(時事通信)
定期健診の「有所見率」改善で過労死予防をー厚労省(医療介護CBニュース)
タオル覆面の金髪男、コンビニで4万円奪い逃走(読売新聞)
強盗致傷で高校教諭を現行犯逮捕 警視庁(産経新聞)
子ども手当法案 参院で審議入り 国内居住要件は今後検討(毎日新聞)

<北教組事件>「労組マネー」にメス 1600万円原資不明(毎日新聞)

 小林千代美衆院議員(北海道5区)陣営に北海道教職員組合(北教組)が違法献金したとされる事件は22日、北教組委員長代理ら2人が起訴されるに至った。「北教組マネー」に切り込んだ札幌地検。北教組は「不当弾圧」と強く反発し、逮捕された幹部は黙秘を貫いた。水面下で両者の攻防が激しく繰り広げられてきたが、小林陣営に渡ったとされる1600万円の原資は依然としてベールに包まれたままだ。【木村光則、和田浩幸、山田泰雄】

 「話したくない」。北教組関係者によると、委員長代理の長田秀樹被告(50)ら幹部3人は逮捕直後から黙秘を続けた。逮捕前、地検の任意聴取や報道陣に、長田被告らから1600万円の資金受領を認めていた木村美智留被告(46)も逮捕後、「検察に話すとリークされる」と黙秘に転じたという。

 一方、札幌地検は複数回にわたり、北教組本部のある北海道教育会館(札幌市中央区)を家宅捜索。会館裏の倉庫の鍵を壊して入るほど徹底的に行われたが、08、09年の細かい資金の流れを記載した会計書類や領収書は見つからなかったという。捜査関係者は「会計資料が隠ぺいされた可能性がある」と見る。

 だが、検察幹部は「負け戦はしない。必ず有罪にできる」と強気の姿勢を崩さなかった。捜査関係者によると、札幌地検は木村被告の逮捕前の任意聴取の段階で、400万円ずつ計1600万円の入金が記載されている通帳を入手。これが木村被告の管理する裏口座だった。さらに、北教組が管理する札幌市内の金融機関の口座について資金の出入りを照会。ほぼ同時期に計1600万円の資金が引き出されていたことも確認されたという。

 こうした資金の流れを示す証拠を支えに、札幌地検は長田、木村両被告の起訴に踏み切った。札幌地検の米村俊郎次席検事は22日の記者会見で、元委員長(故人)と両被告が「実行行為をすべて担当した」と説明。起訴猶予処分の書記長と会計委員もついても米村次席は「共犯と認定している」と述べた。

 これに対し、北教組は22日、事件について「いまだ委員長代理の自由が拘束されており、証拠関係が明らかでない段階で公訴事実の認否・反論に言及することは控える」などとのコメントを出しただけ。資金提供の有無も含め、これまで一切説明していない。小林陣営に渡ったとされる1600万円の原資も闇のままだ。

 こうした北教組の姿勢に対し、道内の40代の組合員の男性はこう訴えた。「どこから金が出ているのかが全然分からない。きちんと使途を説明してくれれば『そうか、問題ないな』『いや、それはダメだ』と言える。組合が説明責任を果たしているとは思わない」

 ◇解説 検察を批判…説明責任果たさず

 北教組の違法献金事件は、民主党とその支持団体である労働組合の間の不透明な資金の流れを表面化させた。北教組は幹部3人が逮捕された際、「不当な組織弾圧」との声明文を発表したが、資金提供疑惑を検察との対決にすり替え、覆い隠そうとしているように見える。

 北教組は昨年8月の衆院選で小林千代美衆院議員の陣営の「責任労組」として、幹部が陣頭指揮を執った。起訴された陣営の会計責任者は逮捕前、報道陣に、資金繰りに困り、北教組幹部に資金提供を依頼して受け取ったことを認めている。

 だが、北教組は具体的な説明を終始避けた。道内の民主党や労組関係者からは「政治資金収支報告書を訂正すればよいだけの話。強制捜査や逮捕の必要があったのか」「小沢(一郎・民主党幹事長)さんが不起訴になったことの意趣返しではないか」など、検察の姿勢に疑問を投げかける声も出た。

 鳩山由紀夫首相の偽装献金事件、小沢幹事長の虚偽記載事件。政治とカネをめぐる問題は、政権交代後も後を絶たない。何度も明らかになった企業から政治家への違法な資金提供と同様、労組と政治家の関係にも厳しい視線が注がれ始めている。

 衆院選にかかわった労組は北教組だけではない。小林陣営の公職選挙法違反事件の公判でも労組の裏金の存在が指摘された。「労組マネー」の透明化が求められている。【水戸健一】

【関連ニュース】
北教組事件:幹部ら2人起訴 小林議員、離党・辞職を否定
小林陣営献金:裏口座通帳に入金記録…北教組側資金か
日教組:委員長が「政治活動は必要」 北教組事件に絡み
北教組献金:小林千議員に任意聴取を要請 札幌地検
北教組事件:小林議員地元入り 進退「確認のうえで判断」

<2歳児連れ去り>57歳容疑者を逮捕…警視庁(毎日新聞)
<パ・リーグ>開幕 西武ドームに4000人が行列(毎日新聞)
「小沢氏に何も言えない」=解任容認の首相批判-民主・生方氏(時事通信)
カラーボール見事命中!コンビニ強盗すぐ逮捕(読売新聞)
<新銀行東京損賠訴訟>旧経営陣が争う姿勢 1回口頭弁論(毎日新聞)

小林議員と民主党執行部 「辞職」最終調整へ(産経新聞)

 北海道教職員組合(北教組)幹部らによる自身の陣営への違法献金事件をめぐって、民主党の小林千代美衆院議員(北海道5区)が、議員辞職について党執行部と近く最終調整に入ることが16日、分かった。

 違法献金事件で逮捕された北教組委員長代理ら4人は22日に勾留期限を迎えるため、この4人の処分の行方を待って判断する見通し。小林氏は16日、国会内で記者団に辞職を否定したが、党関係者は同日夜、「小林氏は(辞職するかどうか)揺れている」と語った。

 小林氏が議員辞職すれば「政治とカネ」の問題を抱える鳩山由紀夫首相と小沢一郎幹事長はダメージを受けそうだ。

 小林氏をめぐっては、昨夏の衆院選で、陣営の選挙対策委員長代行だった連合札幌の前会長が公選法違反(買収約束)の罪で2月に有罪判決を受けて控訴。判決が上級審で確定すれば、検察側は連座制の対象として、小林氏の当選無効を求める訴訟を起こす。

 公選法により、今月16日以降、今国会の閉会日(6月16日)までに議員辞職するか失職すれば衆院北海道5区の補選は7月予定の参院選との同日選となる。

降圧配合剤レザルタス、売り上げ目標500億円―第一三共(医療介護CBニュース)
首相「弟は弟。連携するつもりない」(読売新聞)
海賊版防止へ日中協力 覚書交換 定期協議や人材交流(産経新聞)
水俣未認定患者訴訟で政府が熊本地裁の和解案を受け入れへ(産経新聞)
同意人事、見直し求める=福島消費者相(時事通信)

参院選愛知で新人女性擁立 みんなの党(産経新聞)

 みんなの党は12日、夏の参院選愛知選挙区に、医師で大学院特任教授の新人、薬師寺道代氏(45)を公認した。

【関連記事】
「みんなの党」渡辺代表ニヤリ 参院選で大化けも!?
子ども手当、高校授業料無償化を批判 みんなの党・渡辺代表
みんなの党、福島に新人擁立
参院選投票先、民主と自民が拮抗 内閣支持率も初の3割台
やにわに活気づく自民勉強会、党再生は後回し?
20年後、日本はありますか?

一票の格差訴訟で東京高裁、昨年の衆院選「合憲」(読売新聞)
<檀家助成金>支出不当と返還勧告 三重の広域連合監査委員(毎日新聞)
入試志願者、明大が初の首位…早大を抜く(読売新聞)
新製法のフライドチキン、KFCが25日発売(産経新聞)
<官房参与>行天氏ら退職(毎日新聞)

海自潜水艦長を書類送検=ケーブル接触事故-海保(時事通信)

 青森県の下北半島尻屋崎沖で昨年6月、海上自衛隊の潜水艦「おやしお」(2750トン)が、経済産業省の調査船「資源」(1万395トン)がえい航するケーブルに接触し切断した事故で、八戸海上保安部は9日、おやしおの青井志学艦長(42)を業務上過失往来危険容疑で書類送検した。
 送検容疑では、青井艦長はケーブルが延びている方向を誤認、潜航して回避する行動を怠った過失により、おやしおがケーブルに接触。その結果、切断されたケーブルを現場海域に漂流させ、船舶の往来に危険を生じさせた疑い。 

【関連ニュース】
【動画】第26回自衛隊観艦式
〔特集〕真珠湾攻撃~ワレ奇襲ニ成功セリ~
〔特集〕F35ライトニング戦闘機~次期主力戦闘機の有力候補~
【特集】陸上自衛隊装備図鑑~新型戦車、10年度配備へ~
〔特集〕F22、F35のフォト満載! 軍用機ミュージアム

看護師、傷害容疑で逮捕=入院患者の肋骨折る-兵庫県警(時事通信)
インフル、流行目安下回る=施設当たり患者数1人切る-感染研(時事通信)
通勤混雑回避わずか16%=昨年の新型インフル確認時-「企業が指示を」交通政策研(時事通信)
ダチョウ卵の殻に幾何学模様=6万年前、水筒に利用か-南ア(時事通信)
「決議超える場合ある」名護市反対で官房長官(読売新聞)

衆院選無効訴訟で5例目判決へ=格差2.3倍、違憲と主張-東京高裁(時事通信)

 昨年8月実施の衆院選小選挙区の定数配分は人口に比例しておらず違憲として、東京都と神奈川県の有権者3人が選挙無効を求めた訴訟の判決が11日、東京高裁(稲田龍樹裁判長)である。
 最大格差2.3倍だった同選挙をめぐる定数訴訟は、二つの弁護士グループが8高裁・支部で起こしており、判決は5例目。これまでに大阪、広島両高裁が「違憲」、東京高裁と福岡高裁那覇支部が「違憲状態」と判断している。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

「歴史的使命感で判断を」=小沢氏に自発的辞任求める-前原氏(時事通信)
「JALは沈んじゃった」=鳩山首相(時事通信)
【ニッポンの食、がんばれ!】大豆レボリューション(産経新聞)
夜間中学 91歳女性が卒業…戦災・震災乗り越え 神戸(毎日新聞)
性犯罪の量刑見直しを 強盗強姦未遂被告に懲役7年(産経新聞)

皇太子さま、野口英世研究室を視察(時事通信)

 【アクラ時事】アフリカ・ガーナ訪問中の皇太子さまは8日午後(日本時間9日未明)、首都アクラのガーナ大学敷地内にある野口英世博士記念研究室を視察された。
 研究室は、1927年にアクラに渡航して黄熱病の研究に当たり、翌28年に自ら感染して死亡した野口博士が利用。皇太子さまは、研究室管理者の案内で博士ゆかりの展示物を見て回り、同博士が実際に使ったとされる顕微鏡をのぞき込むなどして業績をしのんだ。 

政府案は複数の場合も=月内にたたき台-平野官房長官(時事通信)
警報下のマラソン開催は妥当=石原都知事(時事通信)
引きずり死初公判 殺人罪の適用例少なく(産経新聞)
首相動静(3月5日)(時事通信)
<皇太子さま>アフリカ2カ国訪問を前に会見(毎日新聞)

稲盛氏後任に吉川氏=行政刷新会議(時事通信)

 政府は3日、行政刷新会議の民間メンバーに吉川広和DOWAホールディングス会長を起用する人事を内定した。同会議メンバーだった京セラの稲盛和夫名誉会長が日本航空会長に就任し、2月25日付で退任。吉川氏は稲盛氏の後任で、昨年12月には、行政改革について助言する内閣府参与にも起用されている。 

<10年度予算案>衆院本会議で可決 年度内成立が確定(毎日新聞)
城内議員が「浅田選手記事」で謝罪 「多くの人の気持ち逆撫でした」(J-CASTニュース)
女性暴行容疑で35歳男逮捕=侵入し「追われている」-警視庁(時事通信)
9割の医師が新薬の14日処方制限を問題視(医療介護CBニュース)
「津波被害を最小限に」 鳩山首相が指示(産経新聞)

コンビニ強盗未遂で男子高校生ら2人逮捕 大阪(産経新聞)

 大阪市東住吉区のコンビニエンスストアから現金を奪おうとしたとして、東住吉署は27日、強盗未遂の疑いで、同区照ケ丘矢田、無職、安井優作容疑者(21)と、同区内の府立高校3年の男子生徒(18)を逮捕した。同署によると、2人は「遊ぶ金が欲しかった」「借金があった」などと容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、27日午前4時半ごろ、東住吉区湯里の「セブンイレブン大阪湯里5丁目店」で、アルバイトの男性店員(35)に包丁を突きつけ「札束と500円を入れろ。でないと刺し殺す」と書かれた紙を見せて脅迫。店員が警備会社に通報して事務所に逃げ込んだため、何も奪わずに逃走した、としている。

 店の前に自転車2台が残されており、署員が防犯登録の住所を調べたところ、男子生徒の自宅にいた2人を発見して逮捕した。

【関連記事】
「プチぼったくり」横行 被害者男性が語る衝撃手口
遊ぶ金欲しさから強盗殺人…初主演→即引退の異色俳優とは
入れ墨彫り師宅で強盗ビックリ逮捕 女性施術中、一喝され
強姦、傷害、食中毒…ペッパーランチ社長のブログ大炎上
特盛りもタダ食い…牛刀で牛丼店員脅し「金を出せ」

川端文科相、慎重姿勢崩さず 朝鮮学校の無償化問題 (産経新聞)
路上で女性殴られ眼球破裂=かばん奪い、男が逃走-愛知(時事通信)
日立市など、茨城でも1万6000世帯に避難勧告 (産経新聞)
鯖江市資料館が「まなべの館」にリニューアル(産経新聞)
刑務官4人、2審も有罪判決…名古屋刑務所暴行(読売新聞)

男性自殺 妻と知人、殺人容疑 宮城県警近く立件 保険金目当てか(産経新聞)

 宮城県内で平成12年に首つり自殺したとされた男性が、実際は殺害されていた疑いが強まったとして、県警が殺人容疑などで男性の妻ら2人を近く立件する方針を固めたことが3日、捜査関係者への取材で分かった。捜査関係者によると、男性が屋内で死亡しているのが見つかった際、顔に血痕があるなど不自然な面もあったが、県警は当時、周辺の状況や妻の証言などから自殺と判断していた。

 最近になって、妻と知人の男が事件にかかわった疑いが浮上。妻が男性の保険金を請求していたことから、県警は保険金目当ての殺人事件だった可能性があるとみて、男性の検視結果などを慎重に調べていた。

 検視をめぐっては、警察庁が22年度から全国の警察本部に刑事調査官を増員させるほか、遠隔地に出動できない場合に現場の遺体の画像を送らせて判断する機器を配備するなど強化を進めている。

【関連記事】
二所ノ関部屋マネジャー、首つり自殺か…
船越英一郎の妹自殺、8年以上うつ病で通院
刑務所での自殺は国の過失 2千万円の賠償命令
男性受刑者が首つり自殺 福島刑務所
自殺の理由は生活保護拒否 遺族が北九州市に賠償提訴
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

引きずり死初公判 被告、殺意を否認 大阪地裁 「車止めていれば」謝罪 (産経新聞)
杉田駅 (神奈川県)
「別れさせ屋」、探偵業法に基づき指導へ(読売新聞)
トムラウシ山遭難事故の生存者招きシンポ(産経新聞)
<君が代>不起立で処分の都立校教職員50人が提訴(毎日新聞)

彩り鮮やか アートサロン絵画大賞展(産経新聞)

 全国の絵画ファンから広く作品を募集する「全日本アートサロン絵画大賞展」(同展実行委員会、産経新聞社主催、サクラクレパス、ターレンスジャパンほか共催)が2日、大阪市天王寺区の市立美術館地下展覧会室で始まった。7日まで。

 写実表現、自由表現の両部門に分けて作品を募集し、油彩や水彩、クレパス画など、全国から1628点の作品が寄せられた。審査は昨年11月に絹谷幸二・東京芸術大学教授や女優の岸ユキさんらが行い、文部科学大臣賞1点、大賞2点、特別賞8点、優秀賞40点、佳作80点、入選677点が選出された。会場には佳作以上の上位賞と西日本在住作家の入選作品、計442点を展示している。

 開場時間は午前9時半から午後5時まで。入場料は高校生以上500円、中学生以下無料。

【関連記事】
ハプスブルク帝国ゆかりの品々、一堂に 神戸で美術展
体感する映像が楽しめる「恵比寿映像祭」 東京都写真美術館で
NYの小学生に切り絵指導 文化交流使の画家久保さん
泉谷しげるが初のコミック展 「うびょーとん」も登場
「MOTアニュアル」 若手10人が彩る「装飾」 東京都現代美術館で開催中
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<アパート火災>2人が心肺停止 4歳と2歳の姉弟か 宮城(毎日新聞)
監禁殺害 捜査怠慢を認定 2審、賠償1000万円に減額(産経新聞)
<大津波>到達予想より遅く引き続き警戒を 気象庁会見で(毎日新聞)
国公立大2次試験、不況反映?看護・医療系人気(読売新聞)
「排出口詰まり逆流」=放射性廃液漏れの調査結果-浜岡原発(時事通信)

1927年の政治

1927年の政治では、1927年(昭和2年)の政治分野に関する出来事について記述する。できごと1月2月2月7日 - 大正天皇大葬。大赦137,669名、減刑46,138名。3月3月14日 - 片岡直温蔵相が衆議院予算総会で「東京渡辺銀行が破綻」と失言。取り付け騒ぎの起き、昭和金融恐慌が始まる。4月4月17日 - 枢密院、台湾銀行救済緊急勅令案を否決。第1次若槻内閣総辞職。4月18日 - 蒋介石が武漢政府に対抗して南京に国民政府を樹立し中共排撃を宣言(国共分裂)。4月20日 - 田中義一内閣成立。4月22日 - 金銭債務支払延期緊急勅令(モラトリアム緊急勅令)により3週間のモラトリアム(支払延期)を実施。5月5月28日 - 日本政府、北伐軍に対する居留民の保護及び治安維持のため陸海軍派遣を声明(第一次山東出兵)。6月6月1日 - 憲政党と政友本党が合同し、立憲民政党結成。6月27日 - 東方会議開催。7月8月9月9月29日 - 蒋介石が来日。10月11月12月 「http://ja.wikipedia.org/wiki/1927%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%94%BF%E6%B2%BB」より作成カテゴリ: 1927年 | 各年の政治隠しカテゴリ: 政治関連のスタブ項目

「週刊ゴング」の日本スポーツ出版が倒産(読売新聞)
【中医協】診療所の地域医療貢献を評価へ(医療介護CBニュース)
自宅で死亡の女性、殺人と断定=捜査本部を設置-茨城県警(時事通信)
小沢氏「参政権法案、首相は多分やる」(産経新聞)
神経細胞 皮膚から作成、「万能細胞」使わず 米国(毎日新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。