スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<トラフグ>水温調節だけでオス化する技術 近畿大研が開発(毎日新聞)

 近畿大学水産研究所(和歌山県白浜町)が、水温調節だけで養殖トラフグの8割以上をオスにする技術を世界で初めて確立した。同研究所はクロマグロの完全養殖に世界で初めて成功したことで知られている。3月に神奈川県で開かれる日本水産学会で発表する。高級食材であるトラフグの白子(精巣)が多少、身近になる可能性がある。

 サケやマス、ヒラメなど魚類の一部は環境の変化で性が変わることが知られている。トラフグの場合はふ化後2~6カ月で性別が確定する。研究所はこの特徴を生かし、通常は1対1のオスの割合を増やす研究を、富山県射水市の富山実験場で続けてきた。

 その結果、富山湾の水深100メートルからくみ上げた通常の養殖より5~8度程度低い12~17度の海水で、ふ化後65~105日間飼育すると、最初からオスとして生まれたものも含め8割以上がオスになることが分かった。06年産から3年連続成功したことで技術を確立したと判断、学会に発表することにした。

 白子が取れるオスは、メスの2倍程度の価格で取引される。ホルモン投与や染色体操作によりオスを増やす実験例はあるが、食用としては安全面で問題がある。13日に東京都内で会見した富山実験場の沢田好史教授は「水温調節だけなので安全。白子生産のコスト減にもなる」と自信を見せる。地元の堀岡養殖漁協と共同で今年11月から市販化する予定だ。【井上俊樹】

【関連ニュース】
トラフグ:温泉水で養殖 海なし栃木の特産品に 那珂川町
トラフグ:トラ年に! 山口・下関で初競り
フグ:トラ食べてフクを 山口・下関で初競り
トラフグ:温泉水で養殖 水温安定、生育早く 「海なし県」栃木の特産品に
フグ:「トラ年にトラフグを」 山口・下関で初競り

<石破政調会長>「あるまじきこと」小沢幹事長を批判(毎日新聞)
小沢氏議員辞職を視野 自公、徹底追及の構え (産経新聞)
ワールド・カフェ参加者募集(産経新聞)
<掘り出しニュース>たわわちゃん、清水寺に初詣で (毎日新聞)
「囲碁やって忙しいのか」=自民政調会長、小沢氏を批判(時事通信)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。